園あんない

保育理念 | 保育方針 | 歴史の沿革

園あんない 保育理念

保育理念

キリスト教保育の理念に基づいて、子ども一人ひとりは神さまから愛されているかけがえのない存在として捉えます。私たちは全て、一つの命として繋がっています。そんな世界で、共に生きることを通して、自分を愛し、他者を愛する、自由で主体的な人間へと育ちゆく子どもたちを支えます。

園あんない 保育方針

保育方針

保育方針

1.子どもが安心できる家庭的なあたたかさを大切にします。2.豊かな人間性の基礎となる自然とのふれあいを大切にします。3.個の確立と、学習の基礎となる自由あそびを大切にします。4.同年齢、異年齢の関わりの中で、共に育ち合うことを大切にします。5.繋がりとしての世界に目を向け、人と自然との美しい調和・平和を創りだします。6.家庭と園がよきパートナーとなり、子ども・保育者・保護者が、共に成長する関係を大切にします。

愛する者たち互いに愛し合いましょう ヨハネⅠ 4:7(ひかりの子として歩みなさい エフェソ5:8)

園あんない 歴史の沿革

歴史の沿革

1967年(昭和42年)

4月 交野教会付属幼稚園ひかりの園発足。

1971年(昭和46年)

3月2日 ひかりの子幼稚園設立認可。
4月 開園。(4歳児3クラス 5歳児2クラス)

2014年(平成26年)

幼稚園  3歳児3クラス 4歳児4クラス 5歳児4クラス。
こども園 2歳児1クラス 3歳児1クラス 4・5歳児1クラス。
現在に至る

園舎写真